ランドセル

6年間の娘の思い出が詰まったランドセル。
とはいえ、捨てるのもなんだし、かといって取っとくのも出来ないし、回せる姉妹もいるわけでない。
どうしようか悩んでいたのですが、丁度そんな時に同級生のお母さんからメールが。

被災した子供たちのために送るランドセルの生産が追いつかないらしく、使わなくなったランドセルをメーカーが回収してきれいにして届けるので協力して欲しいとの呼びかけがあったとか。

幸いにも、うちの市の近所なのでメールをくれたお母さんがみんなの分を集めて代表して持って行ってくれるとの事なので、娘と話をし困っている子供たちの助けになるならとお願いすることにしました。

なんと、75個も集まったそうで・・・。びっくり。
丁度、卒業シーズンで使わなくなるという時期的なものもあったのでしょうが、メーカーへ持っていったときにはすでに各地から1万個近く集められていたそうです。
(ちなみに、メーカーでは現在は受付を中止しています)

他にも、クラスで余っている新品の鉛筆を集めて送ろうという呼びかけもあり、これから中学になって鉛筆を使わなくなるからとみんなで集めたりといろいろ子供たちで考えてやっているようです。

これで被災地の子供たちが笑顔で学校に通える助けになると良いなぁ・・・。

自分の出来ることは少ないかもしれないけれど、少しずつでも出来ることがあればやっていきたいです。
少しずつでも、みんなが日常に戻れるますように。

卒業式!!

おかげさまで、

娘が小学校卒業しましたっ!!

長かったようで早かった6年。
4月からは中学生。

・・・実感湧かない・・・(オイ)
皆さん大丈夫とは言ってくれますが・・・

本当に中学生になれるのか?

母は心配です。
何とかなっちゃうんでしょうけどね。(娘本人に頑張ってもらうしかない)

という事で、こんなご時勢ですが無事に卒業式が行われました。



実は当日の計画停電の予定が朝一の時間で丁度したくする時間帯。
娘の紙をちゃんとしなきゃいけないのに電気が通ってないとドライヤーも使えないのでどうしたもんかと悩んでいたんですが、幸いにも停電計画が中止。
何とかきれいにセットしてあげることが出来ました。

保護者は受付をした後、体育館の保護者席で開始を待っていたのですが、もうそろそろ式が始まろうという時に・・・

結構大きな揺れ・・・(; ̄Д ̄)

でも、この体育館は昨年度に耐震工事をしたばっかりの建物なので、司会の先生からは「ここは校内で一番安全な建物なので安心してください。でも念のために靴はいすの下にもって来ておいて下さい~!」でみなさんチョット和んでました。
その後は揺れを感じることも無く無事に卒業式を終えることができました。

実は制服の指定業者が制服を注文した人に卒業式用の服をレンタルするサービスがあり、結構そこを利用した人が多かった様で・・・

女の子みんなしてAKB48状態。(去年もそうだったらしいですが)

実際、紺系のブレザーじゃなかったのはうちの娘一人・・・。(女の子では)
超目立ってました、うちの娘さん・・・。(娘はモスグリーンのミリタリー調ジャケットに黒のフリルスカート)
前日になって学校から「あんまり派手な服装で無い様に」とのお達しが急に来て、どうしようかと悩んだんですが、色はそんなに明るい色でないし、ワッペンとかはずせばかなりシンプルな服装になるので大丈夫かと思っていたのですが、見事に色で浮きました・・・。
みんなとかぶらないようにしたのが裏目に出た・・・(涙)
幸いにも同じクラスの男の子で白いジャケットの子がいたので何とか一人ぼっちは回避されましたが・・・。

幸いにも、皆さんからは「可愛い~!!」とお褒めの言葉をいただき、「あれくらいなら大丈夫だよ」とも言ってもらえたので、チョット安心。
卒業式の集合写真では担任の先生のすぐ隣なので後で見るとすぐ分かるんだろうなぁ・・・。
まあ、それもいい思い出ってことでw

蝋燭を作ってみようと・・・

いい加減、家の中にいるのも子供たちが飽きてくるだろうなぁと、こっそりと準備。
100円ショップで小さいアルミ鍋とタコ糸を購入。
誕生日ケーキなどでもらったろうそくやクローゼットの奥から結婚式の時にもらってしまいっ放しだった巨大キャンドルを取り出してきました。

何をするのか子供たち興味深々。

「ろうそく作るぞ~!!」の宣言をして、子供たちにろうそくを粉々にしてもらい大きなお鍋にお湯を沸かして準備。
初めてやるろうそく作りに退屈な雰囲気がすっかり飛んでました。

途中で起きてきた旦那が、「どうせ作るならアロマオイル入れて作ろう」と提案。
ラベンダーのエッセンシャルオイルを入れて作りました。

見た目はともかく、とりあえずそれなりのが出来上がりましたw
これで、夜の輪番停電も怖くないぞっ!!


ちなみに何故、わざわざ大きいキャンドルがあるのにこれを小さくしたのかと言いますと・・・?

あまりにも大きすぎて、使うのが怖かったからです。
立てておくにも支えが無いので、地震なんかがあったら倒れてそれこそ火事ですからね・・・。
ネコが倒しちゃったりするかもしれないし・・・。
それにしても10年以上寝かしっ放しのブツがこんな風に役立つ時が来るとは・・・w

思い出し日記(3/19)

本当はお能の稽古日だったのですが、やはり地震の影響も考えてお稽古は中止との連絡。
幸い先生たちもお怪我なども無く無事だとのことなので、安心。
子供たちも全員怪我が無く元気なことを伝えさせて頂きました。

朝一で歯医者の予約があったので診察。
そのまま、子供会の総会(本当は13日の予定でしたが延期された)に直行し、皆で新旧役員の引継ぎなどをしつつ、地震のときの話に花を咲かせました。
親族の方が被災地に住んでおり無事が確認できたなどうれしい報告の反面、被災地出身でそちらの方から今週から遊びに来る予定だった友人に連絡がまったくつかず安否確認が出来ないなどの心配な報告なども。
また、地震後の買占め騒動現場の目撃情報などもいろいろ興味深い話が聞けました。

私も、毎朝のようにガソリンスタンドの行列をみていたので改めて今回の混乱ぷりが如何に凄かったのかを再確認しました。

午後は娘の友人達が遊びに来たので大騒ぎ。
地震騒ぎであまり遊べないので良いストレス発散になったようです。

思い出し日記(3/16)

15日から出勤していた旦那から電車の混雑状況を聞き、電車の稼働率をニュースでチェックし、行けそうだと踏んだので震災後初出勤。
思ったより混雑はしておらず、ちょっと拍子抜け。

会社の人たちも今日から出勤し始めたらしく、現場から本日の稼働状況の報告電話を確認。
お客さんからの納品状況の確認など、自分の仕事が進まないままほとんどの時間が過ぎました。
しかも、輪番停電の影響もあり、5時半までの定時を待たず4時で全員帰社せよとの社長命令で早上がり。
おかげで帰宅ラッシュにもあわず帰ってこられました。

結局、この週はずっと4時上がり。
子供たちは「ずっとこうなら、ママの帰りが早いのに~!!」と言ってましたが・・・。(それはないよ。その方が楽だけど。)

思い出し日記(3/14)

朝起きてまず電車の状況をチェック。
案の定、会社に行くための路線が全て終日運休。
諦めて子供たちにも「今日は母は会社休み!!」宣言をして、学校へ送り出しました。
その時、娘の同級生の子とお話していたのですが、そのお宅のパパは丁度ランニングをしようとウェアなど用品一式を会社に持っていっていたらしく、それらを着て都内から自宅まで走って帰ってきたそうな。(びっくり!!)
毎朝、5㎞ランニングしてらっしゃるのは知ってましたが、さすが日頃から鍛えている方は違う。
ちなみにこの朝は自転車で都内まで出勤して行ったそうです。(脱帽)
実の娘に「ありえないよね~!!」といわれちゃってましたけどね・・・。(いや、凄いよ)

その後、会社へ電話すると車で行ける人や近所の人しか来ていないようで、社長から電車運行が安定するまで自宅待機を言い渡されました。

勿論旦那も東京へ出る迄の路線が運休しているのでお休み。
二人でマッタリとお昼寝を決め込みました。

思い出し日記(3/13)

月曜日と火曜日が給食センターが被害を受け、子供たちはお弁当になったとの連絡をもらい、買い物に行こうかどうしようか悩んだ挙句、いつも行っているイオンは食品フロアだけやっているようなので、行ってみました。

前日は地震の影響で休みだったので今日営業していることを知っている人が少ないのかはたはた午前中のうちに波が来てしまっただけなのか思っていたより空いてました。

しかし、やっぱりインスタントラーメンやミネラルウォーターなど非常食系は完全に売り切れ。
保存の効くハムなどの加工品もスッカラカン。
家をでる前にそれらしい話を聞いていたんですが、実際に見るとびっくりです。
幸いにも我が家が欲しいと思っていた野菜や肉はまだあったので無事購入。

ちなみに、行く途中のスタンドがとても並んでいて道路のあちこちで渋滞がおこっているのを発見。
灯油(これも丁度買い置きが無くなっていた)を買おうと思っていたのですが、イオンの中のスタンドもガソリン給油の列が凄かったので、スタンドの中に車を入れるのは諦め、普通に駐車場に止めて灯油のところまでチョット歩いて入れることが出来ました。

夜になってニュースで電力が足りなくなるので電車が止まるらしい話が出始めたのでこりゃ翌日の出勤は無理だなと確信しました。

思い出し日記(3/12)

朝になって旦那からメール。
とりあえず動いている電車を使って帰ってこられるところまで行くのでそこまで迎えに来て欲しいそうで・・・。
ようやく朝方になって寝られた状態だったので、とりあえず駅に着いたら連絡くれと寝ぼけながら返信。
予想よりも早く着いたみたいで、それから1時間くらいで電話が来ました。
まだまだ寝ぼけていた上に子供たちがまだ寝ており、これから用意をしなきゃいけなかったのでとりあえず歩いて来られる所まで歩いて来てくれとお願いし、子供たちをたたき起こして準備。
娘はまだ眠いので留守番しているといったんですが、その会話中に余震が来たとたん、「やっぱり一緒に行く。」(ですよね~)

準備中にニュースを見ていて前夜より大幅に明らかになった災害状況を見てびっくり。

ネコも籠に入れ念のために一緒に連れて旦那が待っているコンビニへ迎えに行きました。
ちょうど先週から給油ランプがついていて今週あたりいれようかと思っていたのでついでに帰りに給油。
その時はまだ全然、混んでいない状態だったのでなんとも思わなかったんですが、後になってその後の状況を見るとその時にいれといてよかったな~としみじみ思いました。

その後、本当は前日に行く予定だった歯医者に連絡。
(木曜日に行く予定だったのが、電車が遅れて行けず、金曜日は地震でそれどころで無く・・・)
すぐに来られるなら大丈夫ですとのことなので、寝そうになっている旦那に子供たちをお願いし、無事診察。

その日は余震が怖いし、買い置きの食品で何とかなったので外出しないでおとなしくしてました。

思い出し日記(3/11・その2)

帰りの車の中で一番皆が心配していたこと。

テレビの転倒

皆さんこぞって買い換えたばかりなので、倒れてないかが心配だったようで一番の話題でした。(仮に倒れて壊れても電気屋の保障入ってるからちょっとお金足してもっと大きいのに買い換えるかと笑い話になってました)

もちろん、家に入って一番最初に確認したのはテレビでした。

倒れてなかった!!

ちょっとほっとしました。
結局我が家の被害としては、リビングに積み上げられていた本の山ひとつとCDが数枚が散乱、食器棚の上にある水筒類が3・4個落下、2階のクローゼットの中にある可動式の本棚ひとつが転倒した(手前においてあったダンボールで完全には倒れてなかったけど)程度で、思ってたより被害が少なかったです。
食器棚なんかはお皿とか落ちてるんじゃないかと想像してブルーになっていたんですが、まったく被害なし。
ちょっと拍子抜けでした。

被害の確認をして、すぐに治せる本やCDや水筒は元に戻し、実家へ向かいました。

実家も2階にあるテレビが1台落下した程度であとは被害なし。
子供たちも両親もネコも怪我も無く無事でした。
でも、子供たちは私が帰ってくるまではかなり不安だったようで、帰ってきてからずっとくっついて離れませんでした。

この段階で旦那は帰るのを諦めて会社に一晩泊まりこみ。
会社の人たちと充電が切れるまでPSPでモンハンやってたそうです・・・。

夜は余震が不安だったので、倒れてくるものが無い場所の床に布団をくっつけてひき、皆でくっついて寝ました。
枕元にはすぐに持って出られるように鞄とコートとズボンと靴下と懐中電灯。

夜中に何度も緊急メールや警報が鳴って揺れるたびに起きてました。
ちなみに子供たちは完全に寝入っていて、起こしても起きないので揺れがあるたびに布団を頭までかぶせていつでも庇えるようにかまえてました。

思い出し日記(3/11・その1)

震災時、もちろん平日なので仕事中でした。
突然、会社の人の携帯が「緊急エリアメール」を受信した音が。

みんなで、「あ、どこかで地震あったのね。そろそろ揺れるかね~。」などと、余裕かまして話してました。

ちょっと「トン」な感じの縦揺れの後、ゆらゆらと横揺れ。

いつもくらいの揺れよりちょっと大きいくらいだったので、「今回は大きいね」と話していたのですが、なかなか揺れが収まらず、しかもだんだん揺れが大きくなってくる。

・・・さすがにちょっとみんなが不安になってきた頃に・・・

さらに大きな揺れ!!

本部長が、「みんな机の下に入れ~!!」といっているのを横で聞きつつ、みんなパソコン本体やディスプレイが倒れそうになるのを必死で抑えてました。

揺れが収まって、ふと周りを見ると・・・

図面が散乱

机の横に積み上げてあった、書類なんかが完全に崩れてました。
他の被害が無いかとあちこち見て回った結果・・・
給湯室のガラスコップ6個破損、応接室の掛け時計落下して破損、設計部のパソコン一台が落下(でも、無事)。
下のフロアーではガラスケースに飾ってあったNゲージが数個破損。
社長室などに置いてある水槽の水が2/3程床にぶちまけられて大変なことに・・・。
倉庫ではビス類が棚から落ちていろんな種類がごちゃ混ぜになってしまい皆で、ブルーな状態。

被害の状態を大体把握し、テレビをつけるといろいろ大変なことになってました。
皆の無事が心配だったので、とりあえずツイッターで自分の安全報告。
携帯はまったく通じない状態だったので、ばーちゃんと旦那にメールをしつつ、自宅へ電話を入れてみました。
数回のコールの後、ばーちゃんが出て、とりあえずネコを籠にいれていつでもすぐ外に逃げられるように玄関前で待機していたそうな。
子供たちのことはとりあえず2件隣の娘の同級生のお母さんにお願いして迎えに行ってもらったそうで、安心。
現場で繋がったところやメール連絡がついたところから無事の報告が次々と。
茨城県ひたちなか市の現場にいた人は津波が来るという警報で非難したとの連絡があったり、仙台の方へ出張していた方からは「死ぬかと思ったけど、無事」との報告で、ひとまず危ないと思われた現場の安否は確認できたので安心。

そうこうしているうちに旦那からの無事メールも来たので、後は自分がどうやって帰るかの心配をしました。
もちろん、電車は完全に止まってます。2時間以上経過しても動く気配なしなので電車は諦め。
自宅方向へ向かうバスは無いのでダメ。
幸いなことに同じ市内に住んでいる同僚が2人いて、一人は車通勤なので最悪会社の車を借りるか、車通勤の方に乗せていってもらえるのでなんとかなる。
どうしてもダメなら歩きだな~と、グーグルマップで会社から自宅までの徒歩ルートを検索中、車通勤の方が帰社。
開口一番、「着替えてくるから、ちょっと待っててね。」(もう、乗せて帰ることを考えていてくれたようです)

おかげさまで、普段の帰宅時間とそう変わらない時間に自宅へ戻ってくることが出来ました。

つぶやき
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ