2010年08月

薄桜鬼・斎藤さん攻略

開口一番、彼に言いたい。


この、むっつり助平!!
(ファンの方すみません・・・でも、私も斎藤さん狙いです///)



羅刹化して吸血衝動起こして主人公の耳たぶ選択するし、傷が塞がってるのにまだくっついていて、「いや、別に、呑み足りなかったわけではない・・・」って・・・オイ

まあ、プレイヤーがのたうちまわっちゃいますよね・・・(しそうになったし・・・)

そういや、のたうちまわるといえば、PS3でプレイしているので画面が50インチテレビなのですが、途中で出てくるスチルが映し出されるとほぼ等身大で見られる状態。
月夜に陣営を抜け出した斎藤さんを追ってきた主人公の頬に手を添えるシーンの斎藤さんにはマジ悶絶モノでしたよ!!
思わず床で「にゃぁぁ~!!」とゴロゴロしちゃう位。


この気持ち、久海さんなら判ってくれますよね(多分・・・)


で、何とかうまいこと最後まで行くことができました。
最後のシーン、

・・・・・・最初に落ちてくる一粒を、おまえと一緒に見たかった



どあぁぁぁ!!

ゴロゴロゴロゴロゴロ……( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

こ…このむず痒さは何~!!
「一さん」と呼ばないと振りかえらなかったりとか、「ここで待っていればお前が来ると思った。」とか、

どんだけ、ツンデレなのさっ!!

そんなことされたら…

何でも言うこと聞いちゃうよ!!

あれ…?

もちろん、クリア後のカスタムテーマは斉藤さんバージョンに変更いたしましたよ。

能楽教室(4年目4回目)

気がつけば、前回の分を書いていないと思ったけれど、よくよく考えれば子供達が旅行に行っていたのでお休みでした。

さて、1ヶ月ぶりのお稽古です。
急遽、当番の方が休む事になり、前回代わってもらったのもあったので、代打で当番でした。

能楽堂へお出かけする前に突然の宅急便。
何かと見てみたら能楽教室宛の祥人先生の葬儀お返しの品でした。
四十九日が無事終了したとのお手紙が同封されていたので、教室でみんなで回覧するべく持って行きました。

前回休んだ子が殆どだったので、今日のお稽古はみっちりとやっていたようです。
稽古をしている広間から子供達の元気な謡声がよく聞こえてきました。
お仕舞もいつもより長くやっていたような気がします。
行きの車の中でも子供達に「大丈夫か?ちゃんと覚えてる?」と聞いたら「ん~、わからない。自信ない・・・」と不安な答えだったのですが、帰りに聞いたらやっぱり半分くらい忘れていたようです…(しっかりしてくれよ!!##)
おうちでしっかりと稽古してもらわないとね。
来年は15周年の発表会で市の偉い方をお招きしての会ですから、それに向けてがんばって欲しいものです。

今敏氏の訃報

「パプリカ」などの監督をされていた今敏さんが昨日亡くなったらしいといううわさを佐山先輩のツィッターで知り、その時はまだ噂程度の状況だったのですが…

本当にお亡くなりになったそうです…(ノд・。) グスン

オフィシャルのページでも正式な発表が出たようでその直後にあちこちから確定情報が・・・

この方の作品を観ることになったきっかけは私の大好きなミュージシャン平沢進氏が音楽を担当した「千年女優」。
自身が平沢氏の大ファンであるということからとても効果的に音楽を使っていただけて、映像的にもとても引き込まれる作品でした。

それからの作品はほとんど観させて頂いてました。(もちろん平沢氏が音楽担当している作品はDVDなどをしっかりと購入

次回作の「夢見る機械」も楽しみにしていたのですが…
ショックです・・・。

今監督のご冥福をお祈りします。


それにしても今年は祥人先生といい今監督といい、好きなアーティスト系の方が次々と・・・・゚・(ノД`;)・゚・

薄桜鬼・攻略中!!

平助君ルートは既に攻略済みです。
・・・というか、斎藤さん狙っていたらどこかでルートを間違えて平助君攻略モードに入っていたと言うのが真相ですが・・・

狙っていたわけではないので(というか、平助君ファンの方には申し訳ないが私の範囲外・・・)ゲーム自体は淡々とこなしていたのでこれといった感想がないのですが・・・

終わった後にPS3のユーザー画面がこんな事に

BlogPaint


おおおおお!!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

いやぁ、至福至福
つまり、斎藤さんや土方さんを攻略すればさらに変えられるってことですね( ̄ー ̄)ニヤリッ
俄然やる気が出てきたっ!!

「フリーター、家を買う」がドラマ化?

嵐の二宮君が主役でやるみたいですね~

このお話、私の大好きな有川浩さんの小説が原作です。
引きこもりだった息子が自分の家族の状況に気がついて家族を養う決意をし、就職してがんばっていくお話です。
とっても面白い作品だったので2回読み返しちゃったくらいです。


さて、どこまであの楽しさを再現してくれるのかドキドキです。
(ヤマナデみたいながっかりさんは勘弁ですが)


それにしても最近、「阪急電車」の映画化といい、有川さんの作品の映像化が多いな~。
どうせなら「海の中」とかやってくれるといいんだけどな~(難しいと思うけど)
あと、「三匹のおっさん」とか。(こっちは1クールドラマとかだったらいけそうな気がする)

つぶやき
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ