能楽

初・宅稽古!!

今日から本当に祥六先生のお稽古開始です。
しかも、会長さんと予定が会わなかったのでいきなり本人たちだけで稽古場へお伺いすることに!!
前回道を教えていただいていたので大体のルートは覚えていましたし、家に帰ってからそのルートの地図を娘に渡しておいたので大丈夫なはずだったんですが・・・。

道を一本間違えた・・・。

早速やりましたよ娘さん。
もちろん母はわかっていましたが、あえて言いませんでした。(娘が気づくまで・・・)
まあ、割とすぐに気がついたので大幅に迷うことなく、間違えたポイントまでちゃんと戻ってリカバリ出来たので次回も頑張って先導させれば何とかなりそうです。

結構暑い日だったので先生のお宅に着く頃には汗だく。
先生や他のお稽古の方とお話しつつ、汗が引くのを待って着替え、お稽古開始。

飛び回りの部分のお稽古は万里先生と交代。
もちろん、万里先生もさすがです!!
娘もこういう風に出来る日がやってくるのでしょうか?(もちろん、出来るようにならなきゃいかんです)
一応、横で見ていた母も型付に先生からいただいた注意点をちょこちょこっとメモって協力しておきました。

1回の稽古でかなり注意点をいただいたもののそれを直すだけでかなりよくなってくると思われます。
次回のお稽古は前日に能楽教室があるのでそこでしっかりと再復習でお稽古をして次の宅稽古に備えたいと思います。

能楽教室(5年目・3回目)

前回に引き続き、同じ曲のお稽古。

夏休みですが、部活でこれない子もちらほら。
やっぱり中学生になると忙しいやね。

お稽古している間に母達は夏休みの宿題の情報交換。

・・・

あんまりやっていないのはみんな一緒なのね・・・。

そんな腐れ娘たちは11日にア○メイトへ行く約束をしてました。
最近娘の周り(娘も含めて)オタク女子ばかりが集まるようになってきたなぁ・・・。
まあ、仕方がないといえば仕方がないか・・・。

急遽変更!!

突然、会長さんより

やっぱり「小鍛冶」に変更だって。

・・・1ヶ月以上前に2回くらいやっただけなので多分(絶対)忘れてますYO!!
型付もないので、急遽娘に連絡を入れ、会長さんと待ち合わせして型付をいただいてくるように指令を出し、香先生に以前に録音させていただいたお稽古用の音源を娘のipodに叩き込んで、宅稽古に行くまでの2日の間に曲だけでも完璧に暗記をするようにさせました。

一応、他の子がやって聞きなれている曲なので頑張れば何とかなるかな。

能楽教室(5年目2回目)

変更に次ぐ変更で23日が16日に変更になりさらに30日に変更なので、お稽古の日を忘れかかりました。

先日、祥六先生のお宅へ宅稽古へ行かせていただく前のご挨拶に伺った時に10月の松涛での発表会に向けて「吉野天人」に曲が変更になった娘。
今日からはそのお稽古をすることに。

息子は変わらずの「玄象」です。

とりあえず思い出し日記なので、これだけ。

先生の御宅へ・・・

会長さんのお稽古日ということで、それにくっついて関根祥六先生の御宅へご挨拶へ行かせていただきました。

「能楽師」の映像で見慣れた外観で、とても素敵な御宅でした。
稽古場に入るとお舞台の上に祥人先生のお写真が!!(思わず目がうるうるしちゃいました・゚・(ノД`;)・゚・)
祥丸さんのお稽古ぶりをここから見てらっしゃるのでしょうか・・・。

祥六先生にご挨拶をさせていただき、しばらくお話をさせていただきました。
その後、生徒さんたちのお稽古開始。
会長さんのお稽古が終わるのをまっていたら・・・

「今日はお稽古していかないの?」と、先生。

・・・いや、今日はご挨拶だけのつもりだったんですが・・・(汗)

「今日は準備してない?」

・・・なんか持ってきたほうがいいような気がして、足袋だけは用意してあります・・・。

「じゃあ、やろう」

というわけで、まさかのお稽古開始。
「吉野天人」をやることになりました。
まあ、一度地元でやった曲ですから一応、いきなりでもなんとか一通り舞は出来ましたが足運びなどはガタガタになっていたのでかなり注意されてました。
次回の地元でのお稽古からこの曲になります。

それにしても、今回発覚したのですが・・・
うちのブログの一部が先生に見られている・・・(滝汗)
どうやら、祥人先生関連の記事で検索に引っかかったみたいですが・・・。
プリントアウトされたものが稽古場に保管されているそうで・・・。
なるべく検索に引っかからないよう、万が一見られてもあまり問題がないようには気を付けていたので怒られるようなことはない・・・と・・・思・・う・・・・・多分・・・。(´;ω;`)

何にせよ、娘にはお稽古に励んでもらおうかと思います。
もちろん大好きな祥六先生のお稽古ですから、張り切ってます。

頑張るそ~!!
つぶやき
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ